顕本法華宗 総本山妙満寺
  • 歴史・沿革
  • 宗名由来
  • お釈迦さま
  • 日蓮大聖人
  • 日什大正師

 妙満寺を創建した日什大正師(にちじゅうだいしょうし)は、もと天台宗で名を玄妙といい、比叡山三千の学頭にまでなった人でした。故郷の会津で日蓮大聖人の教えに触れられると、67才という高齢にもかかわらず宗を改め日什と名乗り、日蓮門下に入られました。
 そして、日什上人は日蓮大聖人の遺志である帝都弘通を想い、御歳68の老体をかえりみず都に上がり、時の帝・後円融天皇に上奏。二位僧都の位と「洛中弘法の綸旨」を賜り、康応元年(1389)六条坊門室町に妙塔山妙満寺を建立し、根本道場としました。

江戸時代の妙満寺(寺町二条)境内古図

 妙満寺はその後、応仁の乱など幾度かの兵火に遭い、そのつど洛中に寺域を移し興隆してきましたが、天文5年(1536)、比叡山の僧徒による焼き討ちで二十一坊の大伽藍を類焼。一時は泉州堺に逃れ、天文11年に元の地に復興したという苦難の時代もありました。そして、天正11年(1583)豊臣秀吉の時代に寺町二条に移され400年にわたり「寺町二条の妙満寺」と親しまれてきました。

 その後、近代になり都市化が進み日毎に増す喧騒と環境悪化を避けるため、昭和43年に「昭和の大遷堂」を挙行。現在の岩倉の地に移り今日に至ります。

 日什上人は稀代の碩学でありながら一巻の書物をも残されませんでした。これは「その書物のために仏の教えを誤解されてはならない」と配慮されたためであり、釈迦牟尼仏より日蓮聖人に受け継がれた正しい教えを、自分の意見をはさまず素直に受け持つように戒めました。これを「経巻相承・直受法水(きょうがんそうじょう・じきじゅほっすい)といい、妙満寺の宗是となっています。

総本山妙満寺 〒606-0015 京都市左京区岩倉幡枝町91 TEL 075-791-7171 FAX 075-791-7267

Copyright(C) 2011 Myoumanji All rights reserved.