顕本法華宗 総本山妙満寺
  • 雪の庭
  • 「安珍・清姫」の鐘
  • 仏舎利大塔
  • つつじ園
  • 桜園

 俳諧(俳句)の祖といわれる松永貞徳(1571〜1653)の造営した枯山水の庭です。

 貞徳は寛永6年(1629)11月25日、妙満寺を会場に正式俳諧興行として「雪の会」を催しました。これにより俳諧は、それまでの連歌から独立した文芸として認められるところとなり、後に松尾芭蕉や与謝蕪村などを輩出して確立し今日に至っています。妙満寺は俳諧(俳句)の地といえます。

 妙満寺の塔頭・成就院の時の住職日如上人は貞徳の門下であり、その縁からこの「雪の庭」を造営した。清水寺の「月の庭」、北野(一説に祇園)の「花の庭」(現存しない)とともに、いずれも成就院にあったことから成就院「雪・月・花の三名園」と並び称されていた。

 昭和43年妙満寺が中京区の寺町二条からこの岩倉の地に遷堂した際、石組みをそのままに移築し本坊の庭として復興しました。

 その名の通り、冠雪の比叡山を借景とした眺望が最も美しい庭です。

総本山妙満寺 〒606-0015 京都市左京区岩倉幡枝町91 TEL 075-791-7171 FAX 075-791-7267

Copyright(C) 2011 Myoumanji All rights reserved.