トップ > 第1回 貞徳忌俳句大会

第1回 貞徳忌俳句大会

第1回 貞徳忌俳句大会 結果報告

  •  令和元年11月10日(月)、妙満寺において“俳諧の祖”松永貞徳(1571~1653)の遺徳を偲んで「第1回 貞徳忌俳句大会」が行われました。

     当日は秋晴れの好天に恵まれ、約100名の参加者が見守る中、事前に投稿された500句を超える俳句から4つの優秀作品(貞徳賞・妙満寺賞・実相寺賞・貞徳の会賞)と7つの選者賞が選ばれ表彰されました。受賞した俳句は下記の通りです。

     ご応募いただいた皆様に心より感謝申し上げますともに、ぜひまた来年も奮ってご参加たまわりますようお願いいたします。次回以降の募集要項につきましては、当山ホームページにおいてご案内いたします。

受賞句
優秀作品
貞徳賞一服の父柿を剥く鎌で剥く高見京子(大阪)
妙満寺賞円満の秘訣りんごの剥き上手村田あを衣(京都)
実相寺賞日本の怒り集まる唐辛子前田ゆきお(奈良)
貞徳の会賞水母浮く水族館に授乳室小枝恵美子(大阪)
選者賞(あいうえお順)
浅井惇介賞掛軸がことりと音を今朝の秋橋場千舟(大阪)
小西雅子賞鬼百合や愛は愛でもこれではない山本真也(京都)
鈴鹿呂仁賞向日葵の人を裏切ること知らず吉田星子(京都)
坪内稔典賞貞徳忌揺れてわたしと柿のジュレ川島由紀子(滋賀)
外山安龍賞父の恋いろはにほへと柿をむく平 きみえ(兵庫)
名村早智子賞貞徳の掛け軸前に秋惜しむ藤野雅彦(京都)
西谷剛周賞駅弁はひっぱりたこ飯明石駅千坂希妙(大阪)
ページのトップへ戻る